このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

リア充の本当の意味とは?彼氏がいる=「リア充」なわけじゃない

IMG_3956.png

突然ですが、皆さんは、「リア充」って聞くと何をイメージしますか?


先日、母親に「リアジュウって何なの?」と何気なく聞かれたとき、私はなんて答えるか非常に迷いました。

リア充というワードを身近に体感している若者の間でなら、特に意味を定義しなくても、なんとなく便利で使える言葉ですが、
母親のように全く意味を知らない人に、リア充の意味を1から説明するにはどうすればいいのか?と。

結局、その日は説明が面倒だったので、

「彼氏/彼女がいて、リアルが充実している人のことだよ」
と多くの人がイメージしているであろう意味を答えてしまいました。

しかし、よく考えてみると、この定義って、本質から外れているな・・・と思います。

今回は、真のリア充とは何を意味するのかについて、考えてみましょう。


まず、自分が一番リア充だったときはいつか?

それは、彼氏とも友達とも順調で、私生活が充実していたとき



やっぱり、彼氏がいるときじゃん!?


でも、逆に自分が一番リア充から程遠かったときを考えてみると、この定義が的外れであることがわかります。


私がリア充とは正反対の場所にいたときとは、

彼氏に完全に依存し、友達とも疎遠になり、日々デートしかしていなかったとき
なのです。


あれ、リア充じゃないはずなのに、彼氏いるじゃん!


そう、リア充かどうかに、彼氏の有無は必ずしも関係あるとは限らないと思うのです。

ちょっと待って。彼氏がいるだけマシじゃないの?欲張りすぎだよ。
と思う人もいるかもしれません。


でも、私としては、この時期は
周囲から見れば、彼氏と順調なリア充に見えていたかもしれませんが、実際はそんなことはありませんでした。

彼氏に依存している自分が嫌い。でも、彼氏と別れたら自分には何も残らないから、どうしていいかわからない。彼氏に捨てられたらどうしよう。
という風にかなり精神的にはきつい時期だったのです。


よっぽど、
彼氏はいないけど、自分のやりたいことを満喫し、友達とも積極的に交流していたときの方が、自分的にはリア充でした。


つまり、彼氏がいるかどうか、恋愛が順調であるかどうか、はリア充のほんの1つの指標にすぎないのではないでしょうか。


もちろん、考え方は人それぞれなので、恋愛中心の生活を送りたい人もいて、そういう人にとっては、彼氏の有無という指標が多くを占めるため、リア充=彼氏がいるが成り立つと思います。

ただ、やっぱり恋愛だけで生きていくことは難しく、私にとっては、仕事や友人関係、趣味なども、人生を充実させるためには必要です。


だから、私が思う真のリア充の本質とは、
「ありのままの自分の日常を、心から楽しめるているか」ではないかと思うのです。

かなり抽象的で、ふわっとした言葉になってしまいましたね。


具体的に考えてみると、
「SNSを頻繁に更新し、いいね!をたくさんもらっている」人は、世間一般ではリア充と見なされますが、

仮にその人が、周囲の目を気にして、無理をしながらSNSの更新に明け暮れている
のだとすれば、

その人は、ありのままで楽しめていないことになるので、私的にはリア充ではないと思うのです。
(私はSNSが苦手なので、ひがみみたいに聞こえてしまうかもしれませんが・・・笑)



話を最初に戻しますが、私が母親にリア充の本質を説明することを諦めてしまった理由は、

リア充の定義を
「ありのままの自分の日常を、心から楽しめるているか」に当てはめたときに、

母親が日頃から何を楽しみ、何をするときが一番幸せなのか、を知ることは必須であり、
それを考えることが面倒くさくなってしまったから
なのでした(苦笑)

お母さん、その日は余裕がなかったので、軽くスルーしちゃってごめんね(笑)



私の外面だけを見て、「リア充だね」と言ってもらっても、私はちっとも嬉しくありません。
私の本質も見た上で、真の「リア充」であると思ってもらえたときに、私は心から喜びます


なので、これから真のリア充を目指して、日々を歩んで生きたいと思います。
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。