このエントリーをはてなブックマークに追加

【恋愛依存で苦しむ人へ】克服する第一歩は「自分を好きになること」

IMG_2070.jpg


四六時中彼氏のことを考えている
もし彼氏に捨てられたら、生きていけない
友達との約束や仕事よりも彼氏優先
彼氏の予定を把握していないと不安
恋愛を中心に世界が回っている



こんな風に、彼氏に「依存」してしまう、「恋愛依存」の傾向がある女性は、少なくありません。

むしろ、付き合いたてのアツアツの時期は、誰もがこんな風に浮かれた経験があるのではないでしょうか。
幸せオーラ満開で、なんだか地に足がついていないようにフワフワしてる感じです(笑)

そして、普通は、そんな人も時間が経っていくにつれて、徐々に落ち着いて、しっかりと地に足つけた付き合い方に変化していくものです。


一方で、いつまでたっても落ち着かず、「彼氏のことで頭がいっぱい」という、「恋愛依存」に陥ってしまう人も少なからずいます。

「恋愛依存」は自覚している人も多く、頭では「このままじゃダメだ」と分かってはいても、なかなか克服することができないというジレンマに苦しんでいるようです。

彼氏のことが好きすぎる!という気持ちは素敵なことですが、
その気持ちや感情をコントロールできなくなり、恋愛以外のことに頭が回らなくなって「依存」していってしまうと、本人も精神的に苦しいですし、大変危険です。

そこで今回は、「恋愛依存」に苦しんでいる人が、どうすれば恋愛依存を克服することができるのかについて考えてみたいと思います。


実は、私も「恋愛依存」に陥っていた時期というのがありました。
彼氏に依存していた当時は、精神的に本当にしんどかったのを今でも覚えています。


なぜ、私が恋愛依存に陥ってしまったのか?

それは「私生活がうまくいかず、自信を喪失してしまったから」でした。

彼氏と喧嘩したとか、嫌われたとか、恋愛に関するトラブルがきっかけだったのではなく、恋愛以外の自分の私生活(学業や友人関係など)において、思うようにいかない部分が増えたことが原因だったのです。

恋愛以外」の全てが思うようにいかなくなっていたからこそ、私には「恋愛」しか逃げ場がなくなってしまっていたのでした。

今考えるとくだらない考えだと思いますが、周りの友人と比べて自分が勝っている点は「彼氏がいること」だけだと当時は本気で思い込んでいました。


そして、「恋愛だけは上手くやらなければ」という思いから、恋愛にしがみつき、徐々に彼氏に依存するようになってしまったのです。
そこからが、負のスパイラル。


彼氏以外に、何の生きがいもなく光が見えない毎日
こんなに依存していたら、いつか捨てられるかもしれないという恐怖
だからといって、なかなか依存心をなくすことはできない
こんな自分が嫌だ


と、どんどん悪い方向に考えるように。

今考えると多少病んでいるように見えますが、(笑)
当時の自分はこんな風に「恋愛依存」から抜け出せずに、もがき苦しんでいたのでした。


それでは、本題である「どうすれば、恋愛依存を克服することができるのか」について、私の経験も踏まえながら考えていきましょう。

ネット上で「恋愛依存 克服する 方法」とググれば、たくさんの恋愛ハウツー記事が出てくると思います。
私は学生時代に、そういったネット記事を書いたり編集したりするアルバイトをしていたので、「恋愛依存」に関する記事も数多く目にしてきました。

その中でよく紹介されている方法で、「趣味を作ること」が多いということに、私はいつも違和感を感じていました。


確かに、趣味を見つけて自分の時間を充実させることができれば、依存しなくなるはずです。

いやでも、趣味ってそんなに簡単に作れないでしょ!
無趣味だからこそ、きっと恋愛しか楽しいことがなくて、依存してしまうのだから。



そう、「恋愛依存」の経験者だからこそわかるのは、
恋愛依存において自分を嫌いになっている状況で、いかに「趣味を見つけること」が難しいかということ。

趣味を見つけるなんて、よほど前向きな気持ちで、アクティブさや好奇心が漲っている時にしかできませんよね。


恋愛依存の人が趣味を見つけることに失敗してしまえば、
趣味さえも見つけられない自分には何の取り柄もない、と更に自分のことが嫌いになってしまうでしょう。


したがって、私が考える恋愛依存からの抜け出し方は、「趣味を作る」などといった表面的なことではありません。
もっと本質的な「内面」から変える必要があると思っているから。

それでは、私が考える「恋愛依存を克服する方法」とは一体何なのか。

それは、タイトルに書きましたが、「自分を好きになること」に尽きると思うです。
そしてこれは、先ほど触れた「趣味を作る」よりも、人によっては実現がずっと難しいことだと思います。

でも、別に100%自分を好きになる必要はないのです。
もっと気軽に考えてみてください。

最初は、「自分のルックスのこの部分が好き」「字が綺麗」「声が通る」というような些細なことでもいいのです。
自信喪失になっている状況から、少しでも自己評価を上げていくことが大切だと私は思うのです。

私も含め、根が真面目な人ほど、「恋愛依存」をこじらせてしまいがちなのは、
恋愛に依存してしまっているダメな自分に、何度も失望してしまうからではないでしょうか。
この繰り返しによって、自信が失われ、ますます依存から抜け出せなくなってしまうのです。

だからこそ、必要なのは「依存してしまっている自分を責めるのではなく、受け入れること


誰にでも、彼氏に頼りすぎてしまうことはあるはず。
そんな自分を否定するのではなく、むしろ、「彼氏は彼女を支えるのが当たり前なのだから、今のうちに甘えるだけ甘えておこう」とズルく考えてもいいのです。

私が立ち直るための、これといったきっかけありませんでしたが、
光が見え始めたのは、徐々に自分を否定する感情がなくなっていったときでした。

自分に自信を取り戻すことで、不思議と表情も見違えるように明るくなり、物事を前向きに捉えられるようになります。
ポジティブになると、人間関係や仕事なども上手くいくようになり、色々なことが軌道に乗り始めるのです。

ここまで到達すれば、もう立派に「一人立ち」できているので、「恋愛依存」なんて恐れる必要はありません。

万が一彼氏に振られてしまったとしても、自分ひとりで楽しくいきていけるとわかっているから、
「捨てられたらどうしよう」と必要以上に不安を感じたり、彼氏の予定を把握しようとしなくても良いのです。


私自身、今の自分を完全に好きになれたかどうかは、何ともいえません。

それでも、以前の自分よりはずっと、自分を受け入れることができて、好きになることが出来ていると思います。
だからこそ、今の彼氏に依存せずに対等な関係を築くことができていますし、仕事や人間関係、私生活も順調に過ごすことができています。

したがって、自分を受け入れて、ちょっとでも好きになること」が恋愛依存を克服するための重要な第一歩なのです。

もし、今恋愛依存に悩んでいる人がいたら、その悩みを抱えている自分ごと、愛してあげることで、少しずつ良い方向に向かっていくことができるのではないかと思います。
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント